サイトのコンテンツを移行中

ブラック会社オフィス内で鬼ごっこ!

ブラック会社オフィス内で鬼ごっこ

橋口さんは急な出来事にキョトンとしていたが、それもそう長くはなかった。振り返ると山本さんがすぐそこまで来ていたからだ。

橋口さんは席を立ち逃げ出した。呆然を立ちつくす僕の目の前を、山本さんは通り過ぎ、橋口さんを追いかけた。橋口さんがイスをガンガン倒しながら逃げる。山本さんはその倒れたイスを蹴飛ばしながら追いかける。

二人は狭いオフィスをパーティションを挟んで走り回っていた。オフィスの中を3週すると橋口さんはオフィスから飛び出した。山本さんもそれを追いかけオフィスをあとにした。そして、僕はオフィスの中に一人取り残された。

一人ぼっちの時間はそれほど長くなかった。すぐに橋口さんと山本さんの声が聞こえた。オフィスの入り口を見ると、二人が見えた。

「仕事の話をしていただけですよ。」

「すまん。」

「どうしたんですか、本当に。」

「…。」

オフィスに戻ってきた二人はそれぞれ自分の席についた。橋口さんは乱れた息を整えるかのように、ゆったりと自分の席に座ると、ふー、と一息ついて僕に言った。

「どうしたん、山本さん?」

「朝からずっとあの調子なんですよ…。」