サイトのコンテンツを移行中

フリーランスの悩み。Ajaxでページビューの意味が変わる。広告も変化する

Ajaxでのページビュー

flickrのアカウントは昔からあったが、2日前からflickrに写真をアップしだしました。また写真を撮りたい病にかかりだしてます。

で、flickrはGoogle Mapsと連動してるんで、僕の梅田の写真を梅田の場にリンクさせたんですね。すごいショックでした…。なにがショックかというと、作るイメージがパッと出てこなかったから。

昔にプログラマやってて、趣味でサイト作ったりしてて、プログラムやCSSについては多少は分かってるつもりでした。ブログやSNSも頑張ったら動くだけなら作れるな。っていうのがある。でも、最近のAjaxとかはついていけなくなっている。今までのサイトとは別物ですよね。

Google Spreadsheetsとかどうなってんか分からない部分もある。この先ブラウザが進化してくと、表現の幅は当然どんどん広がるでしょ。開発現場を知ってた強みがもうじき生かせなくなるな。と思ってギョッとした。

会社を離れると誰もが通る道なんでしょうね。仕事の中で得られる新しい知識、職場の仲間から得られる知識。フリーランスになると減ってくる。過去の引き出しと、自己学習でやるしかない。

個人的に勉強してスキルアップするか?できる人を探すか?今はどっちつかずの状態になってる。出来る限りは自分でやるスタンスでいきますが、技術探求が目的じゃないので限界も感じる。

広告の考え方が変わる

flickrを使ってて思ったのはWEB広告の考え方が変わるってこと。ページビューなんて意味なくなりますね。見えないところでサーバーにアクセスしてるんだから。それをつぐつぐ思った。

1ページっていう考え方がだんだんなくなって、サービス利用時間が大切になっていくなあ。フラッシュの時は、まあフラッシュだからと思えたことが、もう他人事じゃない。フラッシュで出来ること、Ajaxで出来ることを適切に使い分ける必要が出てきてる。

ちょっとしたことならCSSで出来るかもしれん。僕のサイトも昔はページビューを追い続けてた。右肩上がりにアクセスは増えると嬉しかった。

ある時から、アクセスを減らして質の向上を目指してるが、これからはページって考え方は捨てていかんといけないと思った。

自分の中で整頓できてないので、文章がめちゃくちゃですが、

サイト考える時に、この先は何ページ見てくれたかということよりも、どれぐらいの時間楽しんでくれたかっていうことも評価するポイントに入れねば

と思いました。その中でよいサイトの定義を数値的に確認できるよう、アクセスログともう一度睨めっこしてみます。

4件のコメント

ajaxとかマッシュアップとかはこれまでの静的サイトとかとは概念が変わっちゃいますよね。web2.0ってそういうことを提唱していたんでしたっけ…。永久的にベータバージョンとか…。漠然としたコメントですねぇ…。すいません…。

おおー、書き込みありがとうございます~。僕が見た限り、ajaxとWEB2.0は別物ですよ。WEB2.0的なサービスの実現のためにajaxは1つの手段にはなりますが、別にそれがMUSTではないと思います。ただ、将来的には、利用するのは当たり前になりそうですね。変わり続けるのはつらいっす

ああ、ほんまですね…。ページビューやアクセス数はもう僕はあまりどうでもよくなってきてます。SEOも同様です。結局僕のサイトの場合は、問い合わせと仕事依頼とアフィリエイトです。それが多ければアクセス数が少なければ少ないほどよい。まだそこそこ10年弱。これから2,30年後どうなってんのかね。ついてけるかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA