マシモンを粘土で作った。サングラスをかけた神様

コロナで暇なもんで、粘土でいろいろ作っている。それで、マシモンを作ってみた。

マシモン(Maximón)またはリラッハ・マム(Rilaj Mam)は、マヤ人の一部で信仰されている神格。グアテマラのソロラ県サンティアゴ・アティトランのマシモンがよく知られる。ほかの地方ではサンシモン(San Simón)、フダス(Judas、イスカリオテのユダに由来)のような別の名前で呼ばれる、同様の神格が信仰されている。名称・姿形・伝承は地方によって異なるが、煙草を吸いラム酒を飲むことで知られる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/マシモン

2019年にグアテマラに行ったときに、衝撃を受けたマシモン。サンシモン?マシュモン?呼び名がわからん。

サングラスをかけた悪そうな神様

土産物売り場に売ってる

こいつがかなりインパクトある。

真っ黒で葉巻をくわえているんです。

グアテマラで何度見たことか。

グアテマラで見たマシモン

寺院みたいに参拝する場所もある。横のおっさんにお金を取られる。

あまりに気になるから、グアテマラで暇な時にマシモンの絵も描いていた。

マシモンのイラスト

そんなマシモン

サンシモンを粘土で作った

粘土で作った。気に入ってます。粘土っていろんな種類があって面白い。100円ショップでも売ってる。

招き猫とか、えべっさんとか。縁起がいいものを作ってます(笑)。

グラテマラではトウモロコシの神にもインパクトを受けたので、トウモロコシマンも作りたい。

コメントを残す

CAPTCHA