サイトのコンテンツを移行中

明確な自己主張の危険性

相手を見て、言葉の投げ方を変えたり、言葉を変えるのは重要みたいだ。昔にカーブを投げろ、と言われて反発したが、もしかしたらこういう意味だったのかな。というのは最近感じる。

人それぞれ言葉は違うし、常識も違う。そのへんを意識しつつ、相手に届く会話をしたい。目標にしている聞き上手と通じるのかもしれない。ただ、ここで難しい問題がある。

強い自己主張をすると、受け取った人が違う意見を持っていた時、自己否定と受け取る場合がある。

「俺はこう思う。」と違う意見を返してくれたらいいのだが、自己否定と受け取られ、発言しなくなってしまうことがある。話しても無駄と思われるのかもしれない。

同じ考えの人間なんているわけない。という風に考えてる僕にとっては理解に苦しむ。だけど、今までいろいろな環境でこういう経験をした。だから、周りが何と言おうと僕は僕。みたいなヤツは自己主張しにくい。

そして、おとなしくすることを学んだ。たまにネコかぶってます。でも、根っこの気持ちはストレート一本勝負です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA