サイトのコンテンツを移行中

ウェブサイトリニューアルまとめ

ラインズ ウェブ系企業

ラインズのウェブサイトのリニューアルして2週間経ちました。どういう課題を解決するためにリニューアルして、その効果はどうなのかまとめます。

問題点

  • ウェブサイトの提案をする自分たちが、ウェブサイトを効果的に使えていなかった。
  • 2007年4月にリンクスとルーピクスが合併した時にサイトを制作したが、それぞれの会社のコンテンツが存在しており、1つのサイトとしてまとまっていなかった。(その後、ほったらかし)
  • 営業ツールとして機能していなかった。(どんなウェブサイト制作会社か分からない。)
  • ステークホルダーに伝えるべき情報を適切に伝えていなかった。(採用情報や制作実績)
  • ラインズという会社が多く存在しており、検索しても表示されなかった。
  • 自社のサイトを見直す時間が取れていなかった。
  • サイトから受ける印象がウェブサイトデザイン会社のイメージが強く、マーケティングや開発、またサーバー事業などを行っていることをしっかり伝えられていなかった。
  • アクセス数が少ない

改善策

  • 仕事の合間に出来る範囲でがんばることとした。やりたいことはキリがないので、適当なところでフェーズ分けして、早めにリニューアルする
  • 社長と何度も話して、現在の事業ドメイン、今後進みたい方向性を話し合った。(システム受注を強化したい。)
  • ウェブ制作会社を探している会社には制作実績をしっかり伝える。
  • 採用情報に我々の求める人材像を明確に記載した。
  • 各プロジェクトを担当したディレクターに案件実績の原稿を依頼して、プロデューサには掲載可能か確認して頂いた。制作期間の半分以上を費やして、原稿を見直した。
  • 社長ブログとリンデンスクリプトブログの構成を変更
  • 会社合併後、グラフィック制作も対応可能になっていることを明確に伝えた。
  • キャッチコピーを考え、道の向こうへという意味を込めて、forward lookingとした。
  • コピーライターに各コンテンツのコピーを考えてもらった。
  • リンクスとルーピクスのコンテンツを統合した。
  • ラインズという社名に込めた意味をデザインで表現する。
  • リンデンブログのページに「なかのひと」を採用。
  • SEO(せめて社名で検索されないことには話にならない)

リニューアル効果

  • アクセス数はいい感じに増えた
  • SEOはいい感じ
  • 引き合いはいい感じ

今後の展開

  • 制作実績のページをシステム管理
  • サイト全体をCMS
  • 採用情報、業務内容、体制図、言語、フローなどのコンテンツを充実させる
  • SEO