サイトのコンテンツを移行中

格安海外ツアーの仕組み

上海3泊4日のツアーが2万でした。めちゃめちゃ安い。ホテルは準5つ星Guang Dong Hotelで3泊。飛行機はCA。食事6回付き。現地の2日間はツアーガイド付き。博物館その他の入場料込み。現地で食べる店は事前に調べた。悪くないお店ばかり。

どう考えても2万円では採算が合わないでしょ。どうやって成り立っているのかと思ってた。

買い物ツアーのバックマージン

結論から言うと、ひたすら買い物ツアーさせられるんですね。僕はあまりツアーで旅行に行かないから知らなかった。

ツアーのメンバーが買い物すると旅行代理店はお店からバックマージンをもらう。

徹底してると思ったのは、一般的なお店とは提携しないんですね。ツアー用にわざわざ作ってるのかな。と思うお店もあった。郊外に離れていて周りには何もない。だから、お店から出ることもできない。出ても周りには何もない。そこで1時間フリータイムなわけだ。ツアーの間にフリータイムがほとんどなくて、お土産とか買うときがないから、ついつい買っちゃうのだと思う。

100元ショップ

ちょっと笑ったのは、100元ショップに連れて行かれたのです。日本では100円ショップが流行っていますが、中国では100元ショップが流行っていますので、是非いきましょう。と。100元は約1500円。中国の友達に聞いたら、そんなものは中国にはない、と笑われた。まさに日本人観光客用に作られたお店。

ジャスミン

もう1つよく出来てるな。と思ったのはお茶。ジャスミンは中国では安いお茶。でも、日本では人気のお茶。中国で普通にお店に行くと、ジャスミンは安い。でも、観光客用のお店ではジャスミンは高い。

バリューベースの価格設定。僕はもともとツアーに参加する気はなかったし、予定があったので、もちろんツアーは抜けた。「友達に会いたいので、自由行動にさせてください。」と言ったら、中国のスタッフは切れてました。イライラして、

「認められない。あなたは参加しないといけません!」

と言われました。

抜けたけどね。もしかしたらツアー参加者に年齢制限もあるかも。年配の人が多かったから。

旅行ツアーって昔からこういうビジネスモデルなんかもしれないけど、僕はあまりツアーで旅行に行ったことないから、新鮮でした。どこからどこにお金が流れているか見てると面白い。

短期旅行なら、こういう買い物ツアーに参加して、団体行動を抜けるのが一番お得な気がしました。