サイトのコンテンツを移行中

キリンカップのウクライナ戦を観戦!すごい警備体制で大混雑

サッカー日本代表の試合を見に行きました。キリンカップのウクライナ戦。大阪・長居スタジアムです。

すごい警備体制で、かつてない入場チェックでした。ワールドカップ前にデモンストレーションだったようです。

スタジアムに入る際の持ち物検査

まず、入場チケットを渡す時に、カバンを開けさせられて、持ち物検査されます。

カバンやポケットに入っている携帯や金目のものは渡された透明ビニールに入れ替えさせられます。

ペットボトルを持っていると、キャップだけ取られます。なんでも、ペットボトル型の爆弾を予防するためだとか。もちろん、ジュースの缶も駄目です。

その後は、税関のように、1人づつ両手をあげて、金属探知機でチェック。それでやっと通過

でも、そういうチェックやっていたり、誘導するのがボランティアのおばちゃんなんですよ。絶対フーリガンには負けます。めっちゃ弱そうに誘導してます。

だから、大混雑です。柵もありますが、すぐ乗り越えられるのばっかです。

そして、ちょっと行くと、キャップだけ取られたペットボトルも持ち込み禁止になります。指定された紙コップにうつされます。ほんなら、最初からそうしろよ、って感じです。なんかいろいろ不満でした。

キリンカップのウクライナ戦

試合のほうは戸田のゴールで勝ちました。が、もうひとつでした。ところどころで、おっ、という盛り上がりはありましたが、全体的に見所は少なかったです。

サントスは残念ながらまだ時間かかりそうでした。

その中で、小笠原は結構よかったです。

あと、勉強になったというか気付いたのが、柳沢のヘッド。思っていた以上に打点が高い。そして、首や背筋の力で叩きつけるというより、ジャンプの力でヘッドしているんですね。それを、なるほど、って思いました。

今度はトラックのないスタジアムでサッカーを見たいと思いました。

そしてボールが蹴りたくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA