ノーコード入門書、プログラミングを使わない開発へのレビュー

「ノーコードシフト」はノーコード市場を広く浅く知るのにおすすめの本です!プログラムしなくてもいろいろ作れるようになってきてる。だけど、プログラムできる人はプログラムする前提で考えてしまう。

その結果、ノーコード市場に疎くなる。それはよくないと思って、読んでみた。

ノーコードのサービスはMVC(Model View Controller)とオールインワンタイプの4つに分類されていて、用途に応じて使い分けたり、組み合わせたりするようです。

  1. デザイン系
  2. データ管理系
  3. タスク自動化系
  4. オールインワン系

広く浅く書かれた本なので、システム開発経験がない初心者が全体を掴むにはよいと思う。これからどんどんノーコードのサービスが出てくるだろうし、既存サービスもどんどん機能拡張していきそう。だから、最新のサービス情報をキャッチアップしていかないといけないですね。

この本は、ある程度知ってる人には当たり前の情報が多い。ぼくはシステム開発の経験があるので、歴史とか、基本設計とかそういうのは必要なくて、もっとノーコードの事例が多いほうが嬉しかったです。

市町村単位でシステム構築している?

この本で衝撃を受けたのは、加古川市が特定定額給付金システムをキントーンを使って1週間で作ったことだ。驚いたのは、1週間で作ったことではなく、市町村単位でシステムを作っていること。

ワクチンの予約システムにしろ、給付金応募システムにしろ、同じようなシステムをあちこちで作られているんだろうなあ、と思っていたら、この本で確信に変わってとても悲しいです。

デジタル庁がんばってください!

以下、機会を作って使っていこうと思います。自分メモ

デザイン系 ノーコード

データ管理系 ノーコード

タスク自動化系 ノーコード

  • zapier
  • integromat
  • ifttt

オールインワン系 ノーコード

  • bubble
  • adalo
  • yappli

★★★☆☆

5年後に残っているサービスはいくつありますかねえ。

コメントを残す

CAPTCHA