天皇の料理番が泣ける!戦後の歴史も学べる。励めよ

天皇の料理番がめっちゃよかった。大正・昭和時代に宮内省厨司長を務めた秋山徳蔵氏の人生を描いたドラマです。佐藤健が秋山徳蔵役。片田舎の青年で、彼が天皇の料理番になるまでの話です。

戦時の日本の様子もわかってすごく面白いです。歴史的にも勉強になるし、おすすめのドラマです。かなり泣けます。毎回感動して泣いてました。ストーリーも役者も全部よかったです。見るべし!

天皇の料理番が泣ける

病気でやつれた鈴木亮平が、弟の佐藤健に「励めよ」と優しく声をかけるシーンが頭から離れなくなります。鈴木亮平の他の作品が気になる。

直木賞作家・杉森久英の「天皇の料理番」が原作。実話をもとに作られていて、今回で3作目だそうです。1980年版の主演は堺正章。1993年版が高嶋政伸。そして、2015年版が佐藤健。昔のドラマも見てみたい。

総理の料理番や大統領の料理人というのもあるみたいです(笑)。

コメントを残す

CAPTCHA