サイトのコンテンツを移行中

Number728 バルセロナの組織論から組織最適化のポイントを考える

number728

今のバルセロナの強さについてのインタビューより。11人の最適化は組織でのシゴトの参考になる。

自分たちが目指すサッカーのコンセプトを、全員で共有しています。そのコンセプトに基づいて、すべてのカテゴリが同じ方法で練習し、12歳から18歳までの選手を育ててゆきます。

Number 728の欧州サッカー特集。最強の組織論より

すごく当たり前のことだけど、なかなかできない。コンセプトの共有はビジョンの共有。もちろんビジョンがなければ共有もできない。

集団が力を発揮するためにはビジョンが必要

それがなければ烏合の衆で、個人と変わらない。そう、ビジョンがなければ組織は作れないし、戦術も考えられない。ただ、ビジョンがない組織は多い。それが現実。ないものをねだっても仕方ない。ないならないなりで考えましょ。見える範囲で最適化。つまり、部分最適化。あとは、部分最適化がシナジーを生むように祈るだけ。

ビジョナリー・カンパニーをもう一度読んでおこう。

ボールポゼッションが最も重要だと考え、ピッチ上で数的優位を作り出す練習をし、そして「思考の速さ」を鍛え続けます。思考の速さがあって初めて、ボールポゼッションは重要なものになるのだと彼は言う。

思考の速さは何においても重要。悩んでいても仕方ない。

動け