サイトのコンテンツを移行中

ガーシー一味への取材をまとめた本「悪党」が面白い!マネタイズできたメディアには忖度が生まれる。

悪党 潜入300日 ドバイ・ガーシー一味 伊藤喜之

YouTuberのガーシーを取材していた朝日新聞のドバイ支局長の伊藤喜之さん。取材内容が朝日新聞で出せなくて、会社を辞めて本を出しました。

それが「悪党 潜入300日 ドバイ・ガーシー一味」です。ギャンブル依存症のガーシーが、なぜドバイでYouTubeをはじめることになったのか書かれています。

ガーシーとは

東谷義和のガーシーchがスタートしたのは、2022年2月14日。その日にたまたま見てしまって、なんだこれは!と思ったのを覚えています。

東谷 義和(ひがしたに よしかず、1971年〈昭和46年〉10月6日 – )は、日本の実業家、政治家、前参議院議員(1期)、元YouTuber。 2023年4月14日に国際刑事警察機構より国際手配された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/東谷義和

この本は、ガーシーとそのまわりにいる人物(悪党?)への取材メモだけど、臨場感があって面白い。ガーシーのYouTubeを見ていたら知っていることが多いけど、いろいろ繋がって面白かった。

ガーシー一味と表現される彼の仲間たちの取材がベース。YouTubeを見ていたら、麻生泰さん、立花孝志さん、高橋理洋さん達との関係はわかる。でも、裏方の人はわからない。ガーシーをドバイに呼んだ秋田新太郎さんや、映像編集している池田俊輔さん、ガーシーの親も妹にも取材しているのが面白い。

力はあるけどテレビに居場所を作れなかった人がYouTubeに集まったように、力はあるけど大道から外れた人間がドバイに集まっているようです。新しい価値は違う場所から生まれる。

結果的に、この本が出た頃、ガーシーは議員を除名させられた。欠陥がある人を排除していく日本。人のネガティブな部分にフォーカスして足の引っ張り合いをする日本。個性的な人が日本に残るイメージがわかないのが残念です。

忖度ないメディアは面白いけど続かない

メディアについても考えさせられる。メディアは儲かっていないほうが尖っていて面白い。スポンサーがつくと、必ず忖度は生まれる。そして、途端に魅力はなくなる。ガーシーも同様。

失うものがなかったガーシーは忖度ない情報をYouTubeで発信してマネタイズした。1人週刊誌だ。最初のインパクトはすごかった。だけど、叩かれたくない人たちはうまく立ち回っていく。さらに、マネタイズされてくると、だんだん歯切れが悪くなり、メディアとしての価値は下がっていった。ガーシーの暴露はメディアの始まりから終わりまでも表現していると思う。

朝日新聞が出せなかった記事を、講談社が出したのも面白い。ちなみに、この本に関して、朝日新聞が、著者と講談社を抗議している。著者が朝日新聞在籍中に取材した内容が無断利用にあたるという考えだ。気持ちはわかるけど古い。ということで、メディアのあり方を考えさせられました。

  1. 書きたいことを書きたいなら、閲覧者からお金がもらえるレベルの文章を目指す。
  2. 稼ぐことがゴールなら、スポンサーのための文章を目指すのが無難。
  3. どちらでもないなら間接的に稼ぐモデルを目指す。

伊藤喜之さんの今後に期待!