サイトのコンテンツを移行中

Numberで格闘技特集を読んで、もう雑誌は限界だと思った。一次情報を発信する個人YouTuberの方が面白い!

Sports Graphic Number 1057号「格闘技に何が起きているのか。」(2022年8月25日発売)那須川天心

書店でNumber表紙の那須川天心が目に入った。珍しい格闘技特集。条件反射で買った。めちゃくちゃ久しぶり。10年ぶりぐらいに買った気がする。

Sports Graphic Number 1057号 タイトルは、「格闘技に何が起きているのか。」(2022年8月25日発売)

メインは那須川天心と武尊のインタビュー。THE MATCH 2022のその後だ。朝倉海と桜庭和志の対談も気になった。

で、家に帰ってワクワクしながら読んだんです。そしたら、超ショック。知ってることばかり…。内容が薄っぺらいんです…。そら当然ですよね。那須川天心も朝倉未来も朝倉海も自分でYouTubeで発信してますからね。THE MATCHのことも知ってる。

面白いコラボはYouTubeで当人がやる。

試合後の感想もYouTubeで当人がやる。

みんなが聞きたいことは、誰かがスパチャで質問して本人が答えている。ぶっ飛んだツッコミは迷惑系がやる。いまは、選手の生の声に触れる機会がたくさんあるんです。

だから、雑誌の内容がペラペラに見える。雑誌を買う必要性ってある?

Numberは、インタビューの切り口が面白かった。だから好きだった。だけど、それはもう昔の話。インタビューがうまくても、文章が上手でも、もう時代遅れ。キレイな浅い文章。

もし自分がスポンサーだったら、雑誌じゃなくて、好きな選手にダイレクトに払う

広告でのフリーペーパーか?有料の雑誌か?雑誌のビジネスモデルってどっちも厳しい。一次情報を持ってる人が強い。

メディア論は繰り返す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA