サイトのコンテンツを移行中

ビジネスかボランティアか?ビジネスは社会起業

エコや社会起業に人が反応するのは、生活水準がある程度満たされると、何かのためになりたい気持ちが生まれてくるからなんだろう。人は弱いので自己満足だけでは足りず、評価されたい気持ちが生まれる。だから、価値あることをしている自分でいたいのかもしれない。

社会起業というものにいろいろ触れてみた結果、社会起業家というジャンルは存在しないというのが僕の結論。ビジネスかボランティアの2択

ボランティアはビジネス要素がないと続かない。ボランティア活動はやりがいがあって楽しいが、ビジネス要素がないと当然続けられない。短期的な活動になる。お金にならないボランティア活動は長くやっていると疲弊してくる。だから、社会起業家という特別枠を設ける必要はないと思う。

NPOでスモールビジネスするのも、ユニクロがアジアに工場を作って現地に雇用を生ませるのもそれぞれ意味がある。だからどっちでもいいんです。要はビジネスモデルと思います。

従業員が納得して満足できるビジネスモデルであれば、社会にも意味があることだと思う。

それをウェブで体現したい。つまり、ウェブを使った意味あることを考えたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA