サイトのコンテンツを移行中

フードインクは食べ物について考えるキッカケになるいい映画!購入は投票!

フードインク

フードインクはアメリカの食べ物の問題をとりあげている映画。ビジネスとしての合理性を追求する結果、食の安全性が失われていることを伝えるドキュメント。2008年の映画だけど、根本的な問題はあまり変わってない気がする…。

『フード・インク』(原題: Food, Inc.)は、2008年のアメリカ映画で、アメリカの食品産業に潜む問題点に切り込んだフード・ドキュメンタリーである。広大な農場に散布される農薬、遺伝子組み換え問題など、大量生産低コストの裏側にあるリスクを伝え、オーガニック・フードの本当の価値を訴えている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/フード・インク

食べ物について多少は気を付けているつもりだったけど、ボクは無知すぎる。もっと意識しないといけないと思いました。

知らないことばかりでした。食の問題は経済力とも繋がってますね。経済的に余裕がなければ、100円で野菜を買うより、100円でハンバーガーを買いますもんね。

あと、鳥を品種改良して太らせて食べているのは有名ですけど。牛って草を食べるのに、安いコーンを食べさせているんですね。それで問題が起きているのを知りませんでした。ハンバーガーを食べて子供が死んだらショックすぎますね…。

食糧人類っていう漫画を思い出しました。人間が動物を管理して、ブクブク太らせて食べてるように、人間が管理されてブクブク太らせられて食べられる漫画です。

ラウンドアップや小麦リスクやいろいろ考えさせられます。オーガニックという単語は単にマーケティングに使われがちなので注意しないとね。

安いモノは注意します。

よく噛みます。

買い物するときはラベルを見ます。

見る目を養わないとダメですね。そして、モノの購入は投票。改めてそう思いました。

この映画と同じ2008年に、「ありあまるごちそう」という映画も公開されているので、そっちも見てみようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA