サイトのコンテンツを移行中

東京観光は皇居見学がオススメ!毎日無料の皇居参観ツアーがあるよ。

皇居 長和殿

皇居には何度も行ったことがあるけど、無料の皇居見学ツアーがあると知って参加してみた。予約が必要ですが、平日は毎日やっています。

集合場所は皇居の桔梗門前。指定された時間に行くと、窓明館というところに案内されます。

内桜田門 桔梗門
皇居ツアーの待ち合わせ場所 桔梗門
外桜田門 渡櫓門
外桜田門 渡櫓門

桜田門外の変?授業で聞いたことありますが、よくわかっていません!

江戸城桔梗濠に面した門が桔梗門(ききょうもん)で、「桜田門外の変」で井伊直弼(いいなおすけ)が暗殺された外桜田門に対して、内桜田門とも呼ばれています。この門を入ると江戸城三の丸で、大名などの登城は、大手門と内桜田門(桔梗門)と定められていました。現在では皇居一般参観の入城門になっています。

桔梗門、外桜田門、内桜田門、高麗門、渡櫓門、大手門、門の名前が多すぎてよくわからない…。

ちなみに、門をくぐるとすぐ直角に曲がってまた門があるんですが、敵が攻めてきたときに、敵の勢いを落とすためこんな形になっているそうです。

へー

窓明館はセミナー会場みたいな場所です。まず窓明館で説明を聞いて出発です。

1時間のツアーです。

皇居ツアーのルート

  1. 窓明館(そうめいかん)
  2. 旧枢密院庁舎(きゅうすうみついんちょうしゃ)
  3. 富士見櫓(ふじみやぐら)
  4. 蓮池濠は(すいけぼり)
  5. 富士見多聞(ふじみたもん)
  6. 宮内庁庁舎く(ないちょうちょうしゃ)
  7. 宮殿東庭(きゅうでんとうてい)
  8. 宮殿(きゅうでん)
  9. 二重橋(にじゅうばし)
  10. 伏見櫓(ふしみやぐら)
  11. 山下通り

ぼくのときは40人ぐらい参加してました。平日なのに人が多くてビックリです。ガイドの説明を聞きながらゾロゾロと移動します。

富士見櫓

富士見櫓
富士見櫓

東京丸の内のビルが後ろに見えます。お城がおもちゃみたい。かわいいです。

富士見櫓「櫓(やぐら)」とは、倉庫や防御の役割をもった建物で、かつて江戸城には19の櫓がありました。今は、伏見櫓、桜田二重櫓と、この富士見櫓の3つが残っています。その中で、富士見櫓は唯一の三重櫓です。明暦の大火(1657年)で消失した天守閣の代用としても使われ、将軍が両国の花火や品川の海を眺めたといわれています。

説明板より抜粋

宮殿

皇居宮殿の長和殿

皇居 長和殿

正月とかにテレビで見る場所!

めちゃ広い

天皇がここで手を振っているイメージです。

正月はここで天皇に会えるみたいです。

宮殿で一番長い建物が「長和殿」で長さが160mあり、中の廊下の長さは100mあります。この場所で、新年1月2日と天皇誕生日の12月23日の年2回、天皇皇后両陛下と皇族方が長和殿中央バルコニーにお出ましになり国民からのお祝いを直接お受けになります。その際,天皇陛下からのお言葉があります。

「長和殿」の前の広場が「宮殿東庭」で、広さが約4500坪あり、一般参賀などの多いときには約2万人が一度に参賀できます。足元の石畳は四国香川県産の安山岩が使用されており、大変水はけの良い石で、足に優しい石です。

皇居 西の丸玄関門
西の丸玄関門

二重橋

皇居 二重橋
二重橋

ツアーの内容はあっさりしたものですが、結構おもしろかったです。

皇居ランニングしていたときのコースが向こうに見えます。

宮内庁参観音声ガイドアプリ

ちなみに、アプリがあります。ちょっと使いにくいですが、詳しい解説があります。しっかり知りたい人は事前にアプリで一通り見てからツアーに参加するのがいいと思います。

宮内庁参観音声ガイド

ツアーガイドの説明は少しだけですし、人数が多いからあんまり聞こえないです(笑)。だから、皇居をしっかり学びたい人はアプリもオススメです。

宮内庁のページにある皇居一般参観者数の推移を見てみると、ここ数年で外国人参加者がグワっと増えています。でも、コロナ後は全体的にガクッと減ってますね。

このツアーは皇居を1時間散歩するだけのシンプルなものです。でも、東京にいるなら、東京観光の1つとしてオススメです。無料ですしね。

国会議事堂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA