サイトのコンテンツを移行中

仕事とは?西村佳哲さんの「自分の仕事をつくる」のレビュー

自分の仕事をつくる 西村佳哲

仕事とは何なのか?

「働き方研究家」というユニークな肩書きを持つ西村佳哲さんが、仕事の「やり方」や「在り方」についてまとめた本です。友達が貸してくれましたのだけど、とてもとても面白かった。すべてのおいて目的と手段がごちゃごちゃになってるんだなと改めて思った。

仕事の目的は、お金?やりがい?

この質問をたくさんの人にしたら、どんな結果になるんだろう?職業によって違うのか、国によって違うのか。とても気になる。その比率が人々の幸せや国の豊かさと関係があるのだろうか。気になる。

何のために働くのか?

この年になってまたまた考えた。この本は、西村さんがクリエイティブな仕事をしている人へインタビューしながら、よいものを作る人達の仕事の仕方やスタンスを紹介しています。

いろいろな生産によって世界は成り立っている。プラスのオーラーを製品にこめて世の中に流通させれば世の中はよくなるんじゃないかな。様々なライフスタイルがあり、仕事へのスタンスも人それぞれ。

実は最近、そういうのを取材するようなポッドキャストを始めようと思っているのです。答えは1つでない。やはり楽しくなければどんな素晴らしいことも肯定できないと思う。

クリエイティブに興味ある方は是非読んでみてください。僕はとても面白かったのでオススメです。この本を読んだことで、西村佳哲さんを知り、つなぐ人フォーラムにも参加しました。