サイトのコンテンツを移行中

陽はまた昇る!日本ビクターの実話が泣ける

陽はまた昇る 西田敏行

友達に勧められて「陽はまた昇る」の映画を見た。めちゃよかった。日本ビクターの技術者の生き様を描いた2002年の映画です。主役は西田敏行。古き日本の良さが詰まってます。泣けます。

日本で働く人はみんな見て欲しい!

『陽はまた昇る』(ひはまたのぼる)は、2002年に公開された日本映画。ビデオテープカセット規格「VHS」開発プロジェクトの実話を描いたルポルタージュ『映像メディアの世紀』(佐藤正明著)を脚色した物語

https://ja.wikipedia.org/wiki/陽はまた昇る_(2002年の映画)

VHSの規格が懐かしい。若い人は知らないでしょうね。

しかし、ビデオの時代もあっさりと終わりましたね。時代を感じる映画です。