浅草キッドよかったが…。ビートたけしと深見千三郎の師弟愛

Netflixの浅草キッド!よかった。柳楽優弥がビートたけしを演じて、大泉洋が深見千三郎を演じる。2人の師弟愛を描いた映画。キレイにまとまっていた。

原作は、ビートたけしが書いた浅草キッドという小説。読んでないから内容は知らなかったけど、たけしが深見千三郎の弟子になって、浅草フランス座で下積みしている時代。テレビにでるまでの話

浅草キッド 予告編

最初のシーンが、たけしのアップから始まるんですが、つかみとしては完璧でした。めちゃくちゃ似ていて本人かと疑うレベル。だけど、最後のシーンのたけしは全然似てなくて。その差がすごかった(笑)。似てなくてもいいんですけど、差がすごくて気になった…。

この映画は、たけしの深見千三郎への愛に溢れていました。深見千三郎は芸人であることに誇りを持っていて、客に媚びず、時には客と喧嘩してでも、自分のコダワリを通す男

笑われるんじゃない、笑わせるんだ

そんなセリフにも表れています。自分の生活は厳しいのに、面倒見がよい。カッコつけで見栄っ張り。言葉は厳しいけど、優しさに溢れている。

こんなオヤジ、昔はいっぱいいた気がする。だけど、そんな考え方も時代遅れになってきてるのかもしれない。というか、若い人はそんな時代があったことすら知らないかもしれない。

浅草キッドを見て、たけしの自伝が見たくなった

ものすごくよかったのだが…、正直やや期待外れ。期待していた映画とは違った。たけしの映画には暴力と悲しみがある。だから、そういう映像を勝手に想像してた。

それに、Netflixは全裸監督の印象が強い。僕は全裸監督が大好きなんですが、あんな感じで、テレビで放送できないような映像を期待した。当時のギラギラした空気を感じられると期待しちゃってた。

浅草キッドの時代ってジェットコースターみたいなスピードで流れていったと思う。

舞台からテレビに移り変わり、漫才ブームでお笑いが脚光を浴びる。漫才ブームが終わり、ドリフターズが正統派のお笑いとして不動の地位を獲得。そこに、立ち向かうオレたちひょうきん族。そこで、たけし、さんま、紳助などがでてくる。

みんな強気で調子にのっていたと思う。イケイケの昭和感が見たかった。だから、浅草キッドの映画は平和すぎて…。そこが違和感でした。今思うと、原作がたけしの本の時点で難しいですね。

この映画を見て、たけしの自伝を見たくなった。漫才ブーム、テレビ全盛期、週刊誌襲撃事件、バイク事故、映画監督と移り変わっていく様子はめちゃ面白いと思う。

たけしは作らないだろうけど、誰か作ってほしい。見たい。

舞台からテレビ、そしてYouTubeへ

最後に1つ。舞台からテレビに変わっていく中で、舞台にこだわる師匠(深見千三郎)と、新しいテレビに飛び込みたい弟子のたけし。

上岡龍太郎の芸人論で、「舞台での芸はテレビでは通用しない。テレビで面白いのは、素人芸か、プロの私生活」と言っていたのを思い出す。

プラットフォームが変わると求められるコンテンツも変わる。いつの時代も同じ。テレビからYouTubeにシフトする中、今後のコンテンツが興味深い。

コメントを残す

CAPTCHA