サウナ+富士山!アブラサスホテル備忘録

富士山が見えて、サウナが楽しめる。そんな最高のホテル、アブラサスホテル!

1日1組しか泊まれない幻のホテル

サウナカーとデカイ風呂があって。ただ、のんびりと過ごすだけの贅沢なホテルです。

ラッキーなことにオープン前にモニターで泊まらせてもらった。だけど、また行きたい!

ということで、次回に行くときのための自分メモです。周辺で行きたいところや持っていきたいもの。備忘録です。

富士フルーツ市場 直売所

ホテルに向かう道路には小さな市場が点在している。市場はまた立ち寄りたい。売り切れてしまうので、朝早く行くほうがいいです。山物市場が一番ホテルから近い。

富士フルーツ市場 直売所

富士フルーツ市場 直売所はアルプスでフルーツとかを作っている農家の方の営業所みたいです。

山梨は生とうもろこしが有名みたいです。だけど、残念ながらどこも完売でした。その中で、ここでちょっとだけ試食させてもらいました。生でも茹でたとうもろこしのような味なんですね。満足です。これ茹でて食べてみたいです。

桃も試食させてもらいました。おいしかったです。 ちょっと傷んだ大きな桃が1個100円。もっと傷んだ桃は無料!6個買って600円。無料の桃も6個いただきました。

ホテル周辺の市場には、早朝に行けるようなスケジュールを考えたい。

赤富士ワインセラー

赤富士ワインセラーはワイン試飲もできて楽しい。

赤富士ワインセラー

ここで地元ワインを買ってからホテルに行きたい。

ほうとう不動 東恋路店

車からも見える気になる建物。ほうとう不動、山梨名物のほうとう屋です。

ほうとう不動 東恋路店

変な形の保坂猛建築の建物は一見の価値あり。冬に雪が降っているときに見てみたい。

富士山は日本を代表する山。建築と富士山は1枚の絵のような風景を作り出す。

富士山の湧水で作られた神秘的な湖、富士五湖のひとつである河口湖に設計した『ほうとう不動』。富士山にかかる雲のような建築。

店内は洞窟のような空間。音が壁を添って、遠い場所の話し声が近くで聞こえたり、不思議な体験ができる。

店内にエアコンはない。夏は大きな開口部を全て開けて、自然の風に吹かれて涼を取る。冬はアクリルの窓を閉めて、温かいほうとうを食べて暖を取る。自然を五感で感じる建築

https://www.japan-architects.com/ja/hosaka-takeshi-architects-tokyo/project/hoto-fudo

ただ、僕はほうとうはあんまり好きじゃない…。麺がゴツくて腹いっぱいになります。だが、山梨名物を食べれてよかった。このエリアはうどんの麺もゴツい。

金精軒本店

6月~9月なら信玄餅を食べに行きたい!

金精軒本店 信玄餅

アブラサスホテルから車で45分!

山梨土産の定番といえば「信玄餅」を思い浮かべる人が多いと思いますが、現地の名水で作られている「水信玄餅」なるものがあることをご存じでしょうか?食べられるのは毎年6月~9月の土日のみで、予約はできず、1日700食限定。しかも賞味期限30分というから、お土産に持ち帰ることもできない、まさにそこでしか味わえない逸品なのです。

https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_1992/

メモ

  • サウナを満喫するため、できるだけ早くチェックインする。
  • 珈琲の生豆を持っていく
  • ブルーベリー取り放題は1回やったので満足

コメントを残す

CAPTCHA