サイトのコンテンツを移行中

上岡龍太郎の芸人論は学びが多い!プラットフォームが変わるとき、順位入れ替えが起きる

上岡龍太郎の芸人論

上岡龍太郎の芸人論が面白い。ので、まとめておく。テレビが生まれたとき、劇場からテレビにプラットフォームが変わった。その時、舞台芸人はなかなかテレビにシフトできなかった。

「求められる芸が違うからだ」と上岡龍太郎は言う。こだわって磨いてきた芸は通用せず、求められるものはもっと低俗な芸。そう感じて動けない。それもプライドと呼ぶのかもしれない。

「舞台での芸はテレビでは通用しない。テレビで面白いのは、素人芸か、プロの私生活だ。」と上岡龍太郎が言っていたのを定期的に思い出す。

明石家さんまや鶴瓶を例にあげて、テレビ受けする素人芸だと言う。タモリや萩本欽一の名前も出る。

この話はすごく面白い。プラットフォームが変わると求められるコンテンツは変わる。つまりプラットフォームが変わるとき、順位入れ替えが起きる。いつでも同じ。

テレビからネットにシフトしていってる今、お笑いのあり方も変わる。もちろんお笑いだけじゃない。