サイトのコンテンツを移行中

コロナウイルス感染症の保険金や給付金メモ!My HER-SYSを使ってみた。

厚生労働省のMy HER-SYS

コロナ陽性証明書について調べてみた。会社を休むときや、保険申請するときに必要ですね。コロナのPCR陽性証明書は保健所が発行してくれるようだが、保健所も市役所も電話がつながらない…。

8月からは自宅でコロナ診断できるキットが送られてくるみたいだけど、自宅に陽性になったときに保健所はどう証明するんだろう?データを送るから保健所で管理できるのかな。

コロナでの医療保険申請に必要なMy HER-SYS

で、ネットを調べると、厚生労働省のMy HER-SYS(マイハーシス)というのを登録すればオンラインで証明書が見えるらしい。新型コロナウイルス感染症の情報把握・管理支援システムだそうだ。

ただ、マイハーシスの登録には7桁または8桁のHER-SYS IDが必要だと書かれている。「保健所からのショートメッセージにIDは記載されています」という記事があるけど、保健所からのメッセージにそんなIDは記載されていない。IDはどこでわかるの?

HER-SYS IDがわからない

で、結局、何度も何度も保健所に電話してやっとIDをゲット。どうやら保健所からのメッセージはエリアごと違って、電話しないとわからないエリアもあるようだ。(電話しないとIDがわからない仕組みって….)

無事、IDをゲットしてMy HER-SYSに登録完了。アクセスすると、自分の体調や体温を登録する画面がある。誰が何のために使うんだろう?

証明書リンクをクリックすると、コロナで陽性反応が出た日が記載されている。それを画面キャプチャーを取って、保険会社に申請。保険会社もコロナ用の申請画面が用意されていて、オンラインで一瞬で終わった。

My HER-SYSのコロナ陽性証明画面

コロナの場合は、自宅療養期間も入院扱いらしい。

つまり、コロナで自宅で大人しくしている10日間は入院扱いとして申請できる。保健所から指定されたのはなぜか11日だった。ま、いっかと思って申請した。

日本は手厚いですね。物資は貰えるし、入院しても無料だし、陽性判定後の治療費や薬も無料。保険も適応できる。すごい。

コロナ陽性時に東京都から届く食料