サイトのコンテンツを移行中

コロナ陽性になったときの1週間メモ。東京都は毎日3万人の感染者で保健所に電話が通じない

コロナ陽性時に東京都から届く食料

コロナになった。熱は38.5度ぐらい。まあまあしんどかったのでメモしておく。

7月23日 土曜日、朝起きたら、体に違和感を感じた。熱を測ったら37度…。平熱は35度台。コロナかもしれないと思った。濃厚接触の心当たりはなし。横になったら昼になっていて、熱を測ったら38度にあがっていた。病院に電話したら、土曜日は昼まで…。パブロンを飲んで眠った。パブロンはあと1つ。服が汗でびしゃびしゃになり、夜中に何度も着替えた。

日曜日、朝起きたらちょっとマシになっていた。熱は37度。コロナ相談窓口や保健所に電話するが、全然繋がらない。何度も何度もかけて11時ごろにやっと繋がった。しかし、話すのがしんどい。家の近くで日曜日もあいている3つの病院を教えてもらう。だが、電話しても繋がらない。ネット予約できる病院に火曜日に空きがあったので一応予約。夜になるとまた38度。しんどくて寝れない…。

月曜日、身体中が痛い。朝9時に病院に電話。でも、繋がらない。やっと繋がったと思ったら「本日の受付は終了」と言われる。自分でネットで調べて、家の近くにある病院にダメ元で電話。10回目ぐらいで繋がって、午後に見てもらえることになった。その後、病院から電話がかかってきて、症状を伝える。病院に滞在する時間を減らすため、事前に電話で問診をすませるようだ。夕方に病院から電話がかかってきて、「いまから来てください。」と言われるのでテクテク向かう。裏口から通されて、鼻にグサッとさされる。PCR検査の結果は明日。薬局で薬を受け取って、薬を飲んで寝る。

火曜日、朝起きたら喉がいたい。熱は下がっていた。食べ物がないので、喉どおりがいいものをスーパーに買いに行く。買い物中に電話がかかってきた。PCR検査の結果は陽性。自宅待機は発症日から10日間。重い荷物を持つのはしんどいので軽いものだけ買って帰った。

水曜日、喉がいたい。痰がからむ。11時に東京都に電話して食料を申し込んだ。「混み合ってるから買いに行けるなら買いにってほしい。いつ届くかわからないけど、送ります。」と言われた。厚生労働省からショートメールが届く。続いて、COCOAへの陽性登録を勧めるメールが届くので登録。しかし、アプリを開くと、陽性登録のボタンが表示されたまま。登録されているのかよくわからない。

木曜日、保健所からショートメールが届く。話すのがしんどい。

金曜日、東京都から食べ物が届く。段ボール2個。すごい量だ。

コロナ陽性時に東京都から届く食料

土曜日、区から食べ物が届く。段ボール1個。ポカリとか。日本は手厚い。

まだ喉が痛いけど1週間ぐらいで落ち着いた。はやくコロナになりたかったのでよかった。ワクチンは3回打っていた。ファイザー、ファイザー、モデルナ。3キロ痩せた。味覚障害はない。これはよかった。ただ、喉がイガイガする。体力も落ちている。もうしばらく引きこもり。

東京都 新型コロナウイルス感染症対策サイト

東京はコロナ感染者が多いので、陽性者登録センターというのを設置して、自宅で検査できるようにするみたいです。

東京都、陽性者登録センター設置

コロナになって保険申請する場合のメモは以下です。

厚生労働省のMy HER-SYS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA