サイトのコンテンツを移行中

ピンポン最高!

ピンポン

ちょっと古いが、ピンポンはいい。かなりいい。漫画で泣いた。映画で泣いた。DVD買った。再生できんから、プレイヤーも買った。5人のキャラクタに感情移入してまう。 めっちゃいいのに、ほとんどの人が共感してくれない。

悲しい。

ペコ

この星の一等賞になりたいの。卓球でオレは!そんだけ!

天才タイプ。途中で努力する必要に気づく。大きなきっかけはアクマから。卓球を見つけたいが、見つかる気がせん。天才ではない。

スマイル

卓球なんて、死ぬまでの暇つぶしだよ

すべてに対してこんな風に思ってた。でも、スマイルも心からそう思っているわけでない。だって、すごいいい笑顔するから。自分の尊敬する人を自分が超えてしまうことに絶えれない。やさしく、甘い。

チャイナ

スウェーデン・・・ドイツ・・・ふん、日本か

門番を超えられなかった天才タイプ?努力もしたが、限界があった…。上には上がいることを受け入れる。一番悲しいタイプかもしれん。でも、こんな人が世の中大半だと思う。

アクマ

飛べねぇ鳥もいるってこった

いい表現が見つからんが、普通の人?自分の可能性と限界を知りながら努力を重ねる。アクマのセリフでよく泣いた

ドラゴン

せいぜい振り落とされるな、ザンギリ頭

門番。何のために卓球しているんですか?とアクマに聞かれて、自分のためだ。と答えた。その答えにアクマは憤慨。ドラゴンは、使命感で卓球してる。うまく表現できないが、何かはまった。共感もした。

強さと弱さが混在してるのは誰でもいっしょだ。熱血モノが好きらしい。でも、少林サッカーはそこまで好きでない。普通に好き程度

まずは絶対漫画から読んでください。

そして、映画も見てください。