フィリピン留学体験談!口コミで人気のストーリーシェアに行ってみたよ。

今ホットなフィリピン英会話を体験してみようと短期留学できる学校を探したら、1ヶ月10万そこそこで家、メシ、勉強込みというではないか。日本人オーナーの学校を探すと、CNE1、ストーリーシェア、EB、ラングリッチの4つが有名なことが分かった。

フィリピンのストーリーシェアに留学した!去年、旅道場というサイトを作って、タイの旅行ガイドブックを作った。その旅道場の第2弾はフィリピン!

せっかく行くなら、ホットなフィリピン英会話も体験してみようと短期留学できる学校を探した。そしたら、1ヶ月10万そこそこで家、メシ、勉強込みというではないか!

調べてみて分かったのが、フィリピンには韓国人オーナーの学校は山ほどあるが、日本人オーナーの学校は少ない。当然、韓国人オーナーの学校は韓国人が多く、日本人オーナーの学校は日本人が多い。どっちがいいかは一長一短。ここを語ると長くなるので割愛

フィリピンの日本人学校は4つ!

それで、日本人オーナーの学校を探すと、CNE1、ストーリーシェア、EB、ラングリッチの4つが有名なことが分かった。(もちろん他にもあるでしょう)

旅道場の収録はマニラで行うので、セブのラングリッチは遠い。EBはパッとしなかったので、CNE1のオーナーの井坂さんとストーリーシェアのオーナーの松本文夫さん(ミオさん)にコンタクトを取った。

そしたら、たまたまミオさんが東京で無差別飲み会というオフ会を開催してたので参加してみた。ミオさんは大人気すぎて少ししか話できなかったけど、生徒の満足度がめちゃくちゃ高くて驚いた。

その後、フィリピン留学フェア(https://philryugakufair.iinaa.net/)では井坂さんと立ち話させてもらった。考え方に共感した。どちらも興味を持ったので、この2つの学校に行くことを決めた。

ちなみにウェブの人間として、この2つの学校のサイトを見たら、ストーリーシェアはパッとしなかった。口コミで広がってるから、ウェブでブランディングやプロモーションしなくてもいいんでしょうね。

で、ストーリーシェアで2週間学んだ。その後、CNE1で2週間学んだ。合間に、韓国資本の学校に見学に行ったり、他の学校の生徒にインタビューしたりもした。

EBやラングリッチを経験した生徒にも出会った。先生も結構流れているので、いろんな学校の特色が分かってきた。最近、学校の感想を聞かれたり、評判を知りたい人から相談を受けるので、僕なりの感想なのだが、まとめてみる。

ストーリーシェアはどんな学校か?

ストーリーシェアはマニラ、セブ、ネポ、バギオの4カ所あって、本校がマニラ。それ以外は、セブボーディングハウス、ネポボーディングハウス、バギオボーディングハウスという名前。(姉妹校というのが名前では分かりにくい。)

フィリピンのアンヘレスのトライセクル

本校マニラは人気で満員だったので、マニラから一番近いネポを選んだ。このネポという場所が実はアンヘレスだったというのは後に知った。(ほんとに)。

本校のマニラが軌道にのってきたから、ネポ、セブ、バギオに展開していってるところだった。ちなみに、マニラとセブはちょっと料金が高い。

で、ネポを仕切ってるのが、ナオさんという日本人なのだが、この人がちょっと怖い(笑)。

ちなみに、入校前のメールのやり取りで、ナオさんは僕の事を、なんて面倒な人だと思ってたらしいw。

長文メールに加えて、添付されている長い規約を読むのが面倒で、返信が遅くなったら、「定員が埋まりました、すいません!」って断られたのだが、粘って粘って調整してなんとか学校に行けた(笑)。出発数日前だったので、一時はどうなることかと思った。

アンヘレスのストーリーシェアの感想

ネポボーディングハウスは、おっきい家だ。その家が3つあった。家の部屋に留学生が住む。そして、1つの家に10人ぐらい住んでいる。(僕が行ってた2012年6月はまさに3つ目を建設中だったため、ネットが使えなかった。涙)

ストーリーシェアのネポボーディングハウス

生徒の部屋は個室と2人部屋がある。

ストーリーシェアのネポボーディングハウスの部屋

授業になると、先生が部屋にやってきて、マンツーマンレッスンで英語を勉強する。僕は1日6時間のマンツーマンレッスンを受けました。(8時間まで延長可能)ちなみに、マニラだと、住んでるところと勉強するところは違う。

昔はいなかったらしいが、今は2、3人住み込みの先生がいる。だから、話そうと思えば授業外でも話せる。だけど、生徒数と先生数からすると、頻繁に話すのはちょっと難しい。先生は、日常会話でも少しでも間違ってるといちいち指摘してくる。会話が通じてても、aとかtheとか複数系とか間違ってたらしっかり指摘してくるし、ベターな言い方も教えてくれる。街で適当に話してても指摘してくれないので、これは学校に行く利点

ストーリーシェアの授業の様子

ストーリーシェアは、サイクルラーニングメソッドという独自の授業がある。コンプリートセンテンスを繰り返し言い続けて体にしみ込ませるような授業。これにすっごい自信を持ってて、独自テキストもあって、先生の教育にも力を入れている。事前に聞いてたけど、実際行ってみても、あっ、先生の教育には力を入れてると感じた。面接に来てたフィリピン人に面接後に話しかけてみたら、採用試験が難しくて凹んでた。

ただ、授業は単調なので、長くやってると飽きてくる。だから、信じて続けられるココロが必要。そういう意味で、初級のほうが向いてると思う。真っ白な人が、正しい型を覚えていくような感じ。

先生に「ストーリーシェアは他の学校と何が違うの?」って聞いたら、ストーリーシェアでは答えは教えない。って即答してたのが、印象的だった。

ストーリーシェアのネポボーディングハウスのサントスハウス

日本人留学生が増える中、日本人経営の学校はどこも必死にキャパを増やそうと努力している。規模が大きくなると管理コストがかかる。だから、これから組織力の差は生まれてくるだろう。

しばらくは圧倒的な需要があるので、少々ダメなところがあっても人は集まる。でも、飽和してきたときに、組織運営力が問われてくるのは間違いない。これストーリーシェアの課題と思います。

というか、フィリピンのほとんどの学校が同じやと思う。

学校マネージャーのナオさん

学校運営に関してはまだまだ脆弱。いろんな意味で建設中って感じ。実際、僕がいた短い間でも、学校は大きく変わっていってました。

だから、学校に要求するんじゃなく、一緒に学校を作っていくようなタイプやマイペースな人のほうが楽しめる。(僕が組織運営やマーケティングばっかやってきたから、こういうところが目につくのかも。)

学校を仕切ってるナオさんとは最後のほうにガッツリ話した。すごく真面目で男気ある人なんだけど、コミュニケーションがソフトじゃないので、タイで会得したマイペンライの気持ちを伝授してきた(笑)。

そしたら、Mai Pen Raiというタイトルでブログに書いてくれてたw。何から何まで1人でやってて大変そうですが、いい経験してると思います。年下ですが偉い!

ストーリーシェアの先生たち
ネポのサントスハウスの人たち

もうちょっとこうしたほうがええんちゃう?と思うところもあったけど、僕が言うことでもないのであんまり言ってない。学校をよくしたいという気持ちはすごく伝わってきたので、今後が楽しみです。応援してます。

まあ、単純に「いい学校とは?」という定義の話なので、正解はないですね。また遊びに行きたいです。あっ、そうそう。リピーターが多いのはこの学校の特徴だと思います。

アンヘレスは歓楽街

あと、アンヘレス(歓楽街)にあるので誘惑もあります。これはこの学校に限らず、フィリピン全体で言えることだと思います。

誘惑が多いアンヘレスのウォーキングストリート

マニラはもっと誘惑だらけ。レディーガガのコンサートとかありますからね。

アンヘレスの夜のジプニー

ちなみに、僕はどこでも楽しめるタイプなので、ストーリーシェアはめちゃ楽しかったです。担当してもらった先生もみんなよかったし、普通なら知れないような裏側もたくさん見れた(笑)。(ただ、僕はネポボーディングなので、場所によって違うと思います。)

ストーリーシェアの留学料金
ストーリーシェアの留学料金

PS ストーリーシェアのミオさんにフィリピンで会いたかったのですが、残念ながら叶わずでした。

フィリピンに行く前は、学校の違いが全然分からなかった。だけど、今は違いが分かります。留学中にたくさんの方とお会いしたので、みんなの口コミをブログにまとめました。学校選びの参考になれば幸い。

コメントを残す

CAPTCHA