サイトのコンテンツを移行中

札幌旅行でオススメのサッポロビール博物館!国営?北極星?

札幌のサッポロビール博物館

札幌に行って何しようかと思ってググったら出てきたのが、サッポロビール博物館。昔のサッポロビール工場が博物館とレストランとして使われています。ここは面白かった。

麦とホップを製すればビイルという酒になる

博物館前にある看板。ビール樽で作られています。これ読めないですよね。みんな立ち止まってました。右から縦に読んでください。麦とホップを製すればビイルという酒になる!

サッポロビールの歴史が面白い

ビールの歴史はよくわかってないので博物館は勉強になりました。

明治政府は蝦夷地を北海道と命名して開拓していった。その1つの事業がビール。北海道のホップや気候を生かした事業。それがサッポロビールなんですね。国営だったとは!これ常識ですか?

外国人技師を呼んでビール工場を作り、ドイツのビール会社で修業した醸造技師・中川清兵衛が作る。それが札幌ビール!

国営だったビール事業は民営化されて、合併したり、分割したりして現在に至る。

札幌ビール+恵比寿ビール+朝日ビール=大日本麦種株式会社

1877年当時、ビールはめちゃ高級なもの

札幌ビールの値段の歴史

ビール大ビン1本=日本酒一升瓶3.5本=かけそば20杯

ビールはめちゃ高かったんですね。原価の半分がコルク、ビン、輸送費。

あと、サッポロビールの星マークってカッコいいですよね。だけど、なんで星マークなのかずっと不思議でした。日の丸に対して星なのかな?途中から星になったのかな?いろいろ不思議でした。

サッポロビールの星マークの歴史

そしたら、ロゴの歴史もあった。最初から星マークでした。最初からカッコいい。

サッポロビールの星マークの由来

気になるからロゴの由来を調べてみたら、星は「五稜星」で、蝦夷地を開拓していた開拓使たちが、北海道に向かうときに目印にしていた北極星を意味するそうです。なるほど。

恵比寿のビール工場にも行ったことあるんですが、また行ってみたら理解が深まる気がします。工場見学は楽しい。

サッポロビール博物館の場所

サッポロビール博物館は札幌の街中にあります。見学は無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA