サイトのコンテンツを移行中

英語脳なんてない。必要なのは反復練習!オススメの教材は瞬間英作文?

瞬間英作文

瞬間英作文のレビューです。「留学前の事前学習は何をしたらいいですか?」とよく聞かれます。「反復練習できるパターンプラクティスの本を1冊買って、暗記するまで反復練習してください」と伝えています。この質問は本当によく聞かれるのでまとめておきます。

英語脳なんてない

まず、大人が英語学習をするときに、「英語環境に入ると英語脳になってペラペラ話せるようになる」ということはないと考えています。

つまり、英語脳なんてない。

英語脳という言葉は、宣伝するためのキャッチコピーのような気がしています…。いろんな本を読んだのですが、それが現時点の結論です。

脳のしくみが解かれば、英語は自然にできるようになる

もし英語脳があるなら、海外で英語環境に囲まれている人は英語が話せるはずです。でも、話せない人がたくさんいるんです。逆に、日本で勉強して英語が話せるようになった人もたくさんいます。

日本人が英語を話すとき、日本語(母国語)で考えて英語へ変換します。それが普通です。だけど、何度も何度も英語を聞いて、口に出して、繰り返していたら、ある時、日本語で考えている意識がなくなるぐらい短くなると考えています。

英語が話せる外国人は英語脳なのか?

英語系YouTuberのタロサックの動画に、英語脳の作り方を外国人にインタビューしているものがあります。

外国人に英語脳の作り方聞いてみたら驚きの事実が判明!

海外の方も母国語を英語に変換しているようです。

学習者のゴール次第ですが、日常会話が目標であれば、どんな環境でもいいし、英語脳なんて意識しなくていいと思います。必要なのは、中学英文法を理解した後、ひたすら実践。そして、反復練習です。

反復練習が必要

スポーツの反復練習と同じです。練習を繰り返した結果、体がとっさに動く感じです。たとえば、Good morningと言うとき、英語脳になっているから、「おはよう」から「Good morning」に変換しなくなったというよりも、何度も聞いて、何度も口に出したことがあるから、変換しなくても、体が反応すると考えています。

つまり、必要なのは練習。フレーズの反復練習です。だから、シーンをイメージしながらひたすら音読すれば英語を話す下地は作れる。

理想は自分がよく使う例文を作って反復練習することです。

でも、それが難しければ、自分の理想に近い教材で練習してください。そういう練習に適したパターンプラクティスの教材はたくさんあります。

反復練習の教材

パターンプラクティスの本は、左ページに日本語、右ページに英語が書かれています。音声がない教材は絶対買わないでください。

短文を暗記するまで口にするのが下地作りとして効果的です。左の日本語を見て、英語を口に出す。右ページを見て答え合わせをする。

次に、CDの日本語を聞いて、英語を話す。CDの英語を聞いてシャドーイングする。それをひたすら繰り返して、英語を話す下地を作ります。これを留学前に日本で終わらせておくといいです。

瞬間英作文

一番有名なのが瞬間英作文です。青い本です。2006年に発売されたベストセラーで、中学校の文法をもとに構成されています。パート1が中学1年、パート2が中学2年、パート3が中学3年の文法での例文です。体系的に整理したい日本人にあっています。

瞬間英作文の例文は実用的ではないと言う意見があります。中学校の教科書ベースなので、例文は単調ですし、カジュアルな例文はないです。デートの誘い方とか、中学生に必要ないですからね。

それに、例文が書いているだけなので、この本で文法知識のおさらいはできません。すでに中学英文法知識がある人が、単調な例文を繰り返して、英文の型を染み込ませるための本です。

英語のスピーキングが驚くほど上達する NOBU式トレーニング

NOBU式トレーニングも人気です。2016年に出た本なので比較的新しいです。例文はもうちょっとカジュアルになります。さらに、簡単な文法の説明も載っていて、インプットとアウトプットを意識した構成になっています。

カラーでメリハリもつけていて、読みやすくもなっていて、瞬間英作文を肉付けしたような内容です。初心者にはこの本のほうが評判がよいです。

中学レベルの英単語でネイティブとペラペラ話せる本

もっとカジュアルな例文がいい大人には、ニック・ウィリアムソンの本がオススメです。

タイトルにあるように、中学レベルの英単語での例文です。ネイティブが作っているので実用性が高いです。

瞬間英作文は実用性がなかったけど、ニック・ウィリアムソンの本は実用性がある!と言ってハマっていた生徒がいました。大人はこちらの本のほうがウケがいいです。

ちなみに、瞬間英作文の例文は間違っているという人がいます。どこかのネイティブ国で英語を学んだ方や、ネイティブの友達がいる人に多いです。間違っているよと言われたのだと思います。

ただ、これだけは伝えたいのですが、僕が英語を話す相手は非ネイティブ国の人ばかりです。ネイティブより非ネイティブのほうが圧倒的に多いんです。マレーシア、タイ、中国人などの非ネイティブと話す時には、教科書英語のほうが通じやすいという一面も知っていてください。

英会話が5分続く 英会話疑問文トレーニング

フィリピンの英会話スクールを経営していた高木慎悟さんの本。フィリピンの語学学校の中で英語教材を考え抜いていたのは彼だけでした。だから、閉校したのはとても残念…。

たくさんの留学生を見てきた彼曰く、日本人は疑問系が作れない、日本人は類語に弱い。日本人の弱点克服のための例文を考え抜いていた。

フィリピンの学校で使っていた教科書のほうが個人的には好きでした。だけど、彼のエッセンスが詰まった本です。

パターンプラクティスの本はたくさんあります。どの本でも上達した生徒を見ています。だから、自分にあったものを1冊選んで、諦めずに頑張ってください。

英語の反復練習授業を作った

2016年にフィリピン留学の本を書きました。その後も、語学学校を訪問して、多数の留学生に会い、英語学習を研究しています。

2019年には、英語の授業を作って学校に納品しました。この瞬間英作文とカランメソッドの考え方をいかしたパターンプラクティスの授業です。

授業導入にはいろいろ大変なことがあったので、それはまた別の記事でまとめたいと思います。

英語学習の記事